ウェブサイトを作るときにまずする事は、「サーバーを用意し、ドメインをとって、サイトのHTMLを用意しサーバーにアップロードする。
簡単に言えばこういう行程ですが、アフィリエイト初心者の方や、ウェブサイトを作った事がない方にしてみたら何の事を言っているのか分かりませんよね?

わたしも6年ほど前までは同じでした。
パソコンの仕事をしようと思い始めて自分でパソコンを買ってそこからがスタートでしたので、パソコンで何ができるのかも分からず、ホームページというものがどういった仕組みで見られるようになっているのかも全く分かりませんでした。

でも心配ありません。ちょっとした勉強で何となくどのようにしてページが見られるようになるのか理解できるようになります。
なるべく分かりやすく説明して行きます。

まずサーバーの説明です。
サーバーと言われていますが、実はタダのパソコンです。ウェブサイト設置用に若干内部の部品や形などが違いますが本当にタダのパソコンです。
あなたの、今このページを見ているパソコンや、ノートパソコンでもサーバーになり得ます。

ただ、パソコンの中に入っているソフトが普通のパソコンとちょっと違うだけです。
アフィリエイトでサイトを作るというだけならこれだけ分かっていれば大丈夫です。

もっと細かく言うと、HTMLが書かれたファイルをウェブサイトとして見せるようにできる「Apache」というプログラムと言うかソフトが入っているだけなのです。
指定したフォルダの中のHTMLファイルをウェブサイトとして見せるように動いて私たちはいまサイトを見れるようになっています。

サーバーを用意すると言っても初心者の方がすぐに用意はできないと思います。
そこで、レンタルサーバーと言って、月額料金を払い、サーバーを貸してくれるサービスがあります。

最近では、月額、数百円から貸してくれる会社もあるので、利用してみてはいかがでしょうか?
ドメインについては別の記事で紹介します。