Googleにはwebマスター向けのサイトの品質に関するガイドラインというものがあります。
それがこちら「Googleウェブマスター向けガイドライン

しかし、たまにこのガイドラインを違反しようと思っていなくてもこれに引っかかる場合があります。
私も、これに引っかかったんですけどね。。。

このガイドラインに違反したとされた場合、まず何が起きるかというと、Googleを始め、検索エンジンからのアクセスがぱったりこなくなります。
私のサイトも1日のユニークが3桁だったのが、1日で1桁台にまで落ちました。

なぜ急にアクセスが減ったのか分からなかったのですが、webマスターツールにこんなメッセージが来て初めて気づきました。

http://www.xxxxxxx.com/ のウェブマスター様
このたび、貴サイトの一部ページで、Google のウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)に違反した手法が使用されている可能性があることが判明しました。
具体的には、実質上ユニークなコンテンツや付加価値のある情報が掲載されていない品質の低いページがサイトに含まれていることが判明しました。例として、実質のないアフィリエイト ページ、誘導ページ、自動生成されたコンテンツ、コピーされたコンテンツなどが挙げられます。ユニークで注目を集めるコンテンツに関して詳しくは、http://www.google.com/support/webmasters/bin/answer.py?answer=66361 をご覧ください。
Google の品質に関するガイドラインに沿うようにサイトを変更することをおすすめします。変更が完了しましたら、サイトの再審査をリクエストしてください。
ウェブマスター ヘルプフォーラムでは、この問題の解決方法について質問したり、ウェブマスター同士で情報交換をすることが可能です。
お手数をお掛けしますが、何卒ご理解とご協力賜りますようお願い申し上げます。
Google サーチ クオリティ チーム

このようなメッセージがwebマスターツールに来ます。
これが来たサイトは、ブログへの記事の自動投稿ツールのテストサイトで、自動投稿がどれだけアクセスがくるのか検証していたサイトです。

やはり、情報を並べただけではサイトの質が悪いので、Googleに嫌われてしまいましたね(笑)
これでは、今後このドメインでのサイトは何をしてもはじかれてしまいますので、一番効果のある対処法はやはり、一度きれいに作り直して「サイトの再審査リクエスト」をする事です。

違反する意図がなかったにせよ、こんな警告みたいなメッセージを受け取ってしまったらちょっと凹みますね。
サイトの再審査をすれば時間はかかりますがまたGooleに検索結果が表示されるようになりますので、今からちゃんと作り直します。