WordPressでGoogleのサイトマップに対応したXML形式のサイトマップを自動で生成できるプラグイン「Google XML Sitemaps」をご紹介します。
管理ページからのクリック一つで、自動的にサイトマップを生成してくれて、優先度や、含める記事や含めない記事の設定も簡単に出来ます。

→ Google XML Sitemapsのプラグインページ

Google XML Sitemapsでは、クリック一つで簡単にウェブマスターツールのサイトマップに対応したサイトマップが作成できます。
まず、プラグインの新規追加で「Google XML Sitemaps」検索するとすぐに出てきますので、プラグインをインストールします。

インストールして有効化すると設定メニューに「XML-Sitemap」という項目が作成されますので、設定はすべてそちらで行えます。
「サーバーまたはブログ上で何か変更をした場合は、手動でサイトマップを最構築するべきです。」という文があり、「サイトマップを最構築」という部分にリンクが貼ってあるので、そのリンクをクリックすると、サイトマップが構築されます。

Googleのウェブマスターツールに設定するには、初期設定ならば「sitemap.xml」と入力し、送信するだけで送信できます。
簡単に導入できてすぐにウェブマスターツールに設定できるのでWordPressでブログをする場合はぜひインストールする事をオススメします。