ロサンゼルスで事業展開するレストラン「Eva」の新しいプロモーションはとても新鮮です!
レストランで食事中に、携帯電話をチェックしているような風景を良く見かけますが、そんな風潮に警鐘を鳴らす新しい試みだそうです。

今年7月から「食事中に携帯電話をお店に預けてくれたお客さんには、一律飲食代を5%引きにする」という大胆なディスカウントプログラムを実施しました。
同店は「家族向きのアットホームなお店」であることを主眼に運営していることから、食事中もメールやSNSのチェックに余念のない現代人に向けて、「人と人との結びつきを取り戻してほしい」という願いで当プログラムを企画。
メニューにこの方針を記載して以来、お客さんの5割近くが携帯電話をお店に預けているそうです。

新しい試みで、お客さんの心をつかむのは難しいですよね。
しかも、ただ実施するのではなく、利用してくれる方が気持ちよく利用できないと、利用度は上がりません。

目の前で携帯電話をチェックされていると、不快な気持ちになる人もいるでしょう。

この試みはとても人の心に向き合っているのかなと思います。
ぜひ日本のレストランでも取り入れて、家族や恋人との絆をより深めていって欲しい物です。

このような小さな心配りが、アフィリエイトにとっても大事な事だと思います。
リンク一つ張るにしても、文字の大きさや色などユーザーにとってどうすれば一番見やすいか?など常に考えていれば、アフィリエイトの報酬も上がっていくのかな〜?と思います。

まぁ、私もその勉強のまっただ中ですが、頑張っていこうと思います!