これは、永遠のテーマですね。
「はい!これが売れる記事を書くコツです!」という風に簡単に出せる答えはおそらくこの世に存在しないと思います。

アフィリエイトって、極端な話、売れる確率を上げ続ける為に作業をする。という物だと私は思っています。
なので、この売れる記事を書くコツというのも時間の流れで日々変わっていく物だと思います。

でも、変わっていく中でも変わらない物もある訳で、いろいろな情報を集めて見えてきた部分をご紹介します。

去年は、「〇〇はおいしいです。」と書いてればその商品は売れていたのに、今年は「〇〇はおいしくないです。」と書かないと売れなくなった。
極端に言えばこんな感じで日々、アフィリエイトの売れる言葉は変わってきています。

でも、変わらない方法もあります。
それは、記事に実体験を入れると呼んでいる側に親近感がわくということです。
実際に、ネットサーフィン等をしていて体験した事があると思います。
同じ事を書いているのに、実体験が入るとちょっと気になってしまいます。
そういった心理は人間の五感に訴える物なので、時間とともに変動しにくいと思います。

それとこんな方法も。
メリットを先にかき、読者を盛り上げ、ちょっとだけデメリットも書く。
という方法も、読者の心理を付き購入に結びつきやすいそうです。

実際に試したところ、はっきりとした成果は出ていませんが、購入率はいいかな?と感じています。
こういった普遍的な人の心理を突いたような文章が書ければアフィリエイトは簡単なのでしょうが、こんな文章をポンポン書けるわけがありません。
地道に研究して、努力しないといけないですね。

私も頑張って研究したいと思います!