ブログの記事を書く時に、「キーワード」は意識して書いていますか?
焼き肉の記事を書こうと思った時に、「焼き肉」だけをキーワードにはしませんよね。

焼き肉、たれ、カルビ、ロース、牛タン、炭火
などいろいろ焼き肉に関連するキーワードが思いつくと思います。

これらのキーワードがかなり重要で、メインキーワード、サブキーワードのように分けて私は考えています。
ここでの主なキーワードは、「焼き肉」です。
サブキーワードは「たれ、カルビ、ロース、牛タン、炭火」などです。

まず、記事のタイトルには必ずメインのキーワードを入れます。

「炭火焼き肉を食べました。」
「焼き肉に行ってカルビ三昧!」

など、メインのキーワードをいれ、サブキーワードも入れてみました。
メインのキーワードも文章の前の方に入れると効果的のようです。

次に文章ですが、600文字から1300文字程度の文章で、キーワードは多すぎても少なすぎてもダメです。
大体文章全体の3〜8%位が良いようです。

このキーワードのちりばめ方で検索エンジンに認知され、重要視されると順位が上の方になるという訳です。
しかし、現在のGoogleは、ただ単にキーワードを羅列しただけではダメなようで、文章のつながりとか、同じ文章を使ったサイトが他にないか等も見ているようですね。
全く同じブログを10個作ってもGoogleにはバレるという事です。

Googleの最近の怒濤のアップデートで検索順位が安定していませんが、やっぱり真面目に地道に記事を重ね更新していったサイトはどんなにアップデートされてもあまり順位は落ちないという事ですかね。
真面目なサイト作り頑張りたいと思います。